HOME > 資格を取ろう > 前日にすること

前日にすること

試験前日は、独特の緊張感に包まれます。
「もっと勉強しておけばよかった」と最大に後悔する日でもあります。
そして、この時間を乗り越えられない人は、試験に合格できません。

やっておくこと

まずは手荷物の内容を確認しましょう。
必要なものは、全てそろっていますか?

余裕があれば、パン・栄養補助食品などを用意しておくと便利です。

また、昼食を挟んでの試験を受ける人は、昼食をどうするか考えましょう。
試験会場近くのコンビニなどは、非常に込み合います。
弁当を買うならば、自宅近くで手に入れる方法を考えるほうが安全です。

試験中は携帯電話の電源を切ることになりますので、
メモ用紙に「○○時○○分〜□□時□□分まで携帯を切っています」と、ご家族のためのメモを残しておきましょう。

もしできるなら、路線検索サイトなどを利用して、試験会場までのルートをプリントアウトして、荷物に入れておきましょう。

しないほうが良いこと

今から新しい知識を詰め込むのは、却って混乱するリスクがあります。
少しでも知識を増やすのが良いのですが「これを憶えると、却って混乱する」と思える知識は、あえて触れないほうが良いでしょう。

トイレに行かないで済むように、水分を控える人がいます。
でも、喉が渇くことで余計な焦りが増します。
水分を控えるとしても、程度の問題を考えましょう。



inserted by FC2 system